PR

ライフ ライフ

【欲望の美術史】宮下規久朗 西郷隆盛 肖像に表れる英雄への思慕

床次正精「西郷隆盛肖像画」1887年 郡山市美術館
Messenger

 西郷隆盛は国民的英雄だが、生前の写真は一枚も残っていない。しかし、その人気を示すように多くのイメージが作られてきた。西郷のこうしたさまざまな肖像が、NHK大河ドラマにちなんだ大阪市歴史博物館の「西郷どん」展(9月17日まで)に並べられている。

 西南戦争のときに数多く作られた錦絵では、ほとんどの場合、西郷は立派な髭(ひげ)をたくわえている。しばしば写真だと勘違いされる西郷像は、西郷没後の1883年にイタリア人のお雇い外国人の版画家、キヨッソーネが描いたもので、西郷に会ったことのない彼は、顔の上半分を西郷の弟の西郷従道、下半分をいとこの大山巌をモデルにして描いたといわれている。原画は焼失したが、西郷像の基準となり、その後の多くの西郷像に影響を与えた。

 西郷と面識のあった同郷の床次正精は維新後、判事をしながら独学で油彩を学び、西郷像を何度も描いた。石版画のものは右下に「西郷従道 黒田清隆 検閲」とあるので、弟の従道をモデルに、黒田の意見を参考に描かれたものと思われる。キヨッソーネの肖像にも近く、生前の西郷はこのような容貌であったと判断してよいであろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ