PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】歌手・俳優 ピーター(4) 黒澤映画で素顔の池畑慎之介に

歌手・俳優のピーターさん(佐藤徳昭撮影)
Messenger

 昭和52年、美容師になるつもりで行った米ニューヨークで、ブロードウェーのさまざまなショーを見ました。そのとき、あまりにも出演者の笑顔がすてきで、自分の気持ちを見つめ直した。また舞台に立ちたくなったんです。「自分は客席で拍手している側の人間じゃない」と強く思ってしまった。

 父(地唄舞の吉村流四世家元で人間国宝、吉村雄輝さん)はいつも「舞台で舞う高揚感は何事にも代え難い」と言っていました。私は吉村流の跡継ぎとして3歳で初舞台を踏みましたが、お客さんから大きな拍手をいただいたときの気持ち良さは、ずっと覚えていたんです。芸能界に疲れ果てて訪れたニューヨークで、再び舞台に立ちたいと思った。そして、帰国して再始動することを決めたのです。

 〈帰国後、寺山修司さん演出の「青ひげ公の城」などの舞台に出演するうち、転機となる黒澤明監督の映画「乱」(60年公開)に出演する〉

 帰国後しばらくは、相も変わらぬ「ピーター」のイメージを期待される役ばかりで悩んでいました。そんな時、黒澤先生から「まだ製作は決まっていないが、僕の映画に出てくれないか」とオファーを受けたんです。プレッシャーは感じましたが、世界的な巨匠からお話をいただき、本当にうれしかった。

 やがて、この企画は戦国時代を舞台に、年老いた武将の秀虎が息子たちと争う「乱」という作品として正式に動き出しました。私は仲代達矢さんが演じる秀虎に付き従う「狂阿弥」という役をいただいたのですが、最初から私をイメージして絵コンテを描いてくださったということでした。しかも、黒澤先生は「ピーターとしての顔はいらない。お化粧をとってやろう」って言ってくださったんです。だから私は地毛で髷(まげ)を結って、すっぴんで出演しました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ