PR

ライフ ライフ

【ゆうゆうLife】家族がいてもいなくても(559) 気がつけば巻き込まれて…

Messenger

 台風後の酷暑の中で、那須での人形劇の初公演の日も過ぎていった。

 これまでは、3人ほどで街頭用舞台でやっていたけれど、今回は歌も踊りもせりふもある35分の音楽人形劇「赤ずきんと狼のお話」。

 それを那須のサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)チームと、東京の応援チームが合同で廃校小学校の音楽室でお披露目したのだ。

 でも、チラシを1千枚もまいたのに、お客さんは少なかった。特にガックリきたのは、子供がゼロだったこと。そもそも、子供が地域に少ない。学校行事とか高校野球決勝戦のテレビ中継とかも重なったらしい。

 が、2日間の公演で五十数人の大人が見に来てくれたのだから、大成功かなあという気もする。

 それにシニア人形劇団のある「サ高住」って、なんかいいじゃない? と、記念撮影した参加者の写真を眺めては、ひとり悦にいっている。

 写真には、カーニバル風のとりどりの衣装をつけた14人がはじける笑顔で写っている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ