PR

ライフ ライフ

まるで海外! 東京英語村プロジェクトの挑戦 「使える英語」を子供たちに

9月オープンの「TOKYO GLOBAL GATEWAY」。国際線の航空機を想定したゾーンでは、機内サービスに関するやりとりを英語で体験する=8月20日、江東区
Messenger

 都内にいながらにして海外にいるような疑似体験ができる都の英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」(東京都江東区)のオープンを前に、小・中・高校の教員らを対象とした体験会が始まっている。都が平成28年に公募した英語村プロジェクトで、小学生から高校生までを対象に、「英語を活用する」「英語で学ぶ」という2つのテーマのもと、英語を話す体験を通して学習意欲向上を狙う。内向き指向ともいわれる日本の子供たちが、世界に視線を広げるきっかけをつくれるのか。教育関係者の関心は高まっている。(石井那納子)

まずは単語だけでも

 9月6日に開業を控えるTGGは、民間企業5社が参画し約10億円を投じて完成した。総面積7千平方メートルの広々とした空間には、本物の座席を使って再現した飛行機の機内やホテルのロビー、診療所などリアルなセットと、実験室、スタジオなどが配置されている。

 空港をイメージしたゲートをくぐれば、英語づくしの1日が始まる。

 実際の体験では、児童・生徒は8人程度を1グループとしてブログラムを体験し、各グループには世界各国から集まった「エージェント」と呼ばれる英語の話し手が付き添う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ