PR

ライフ ライフ

「泳げる霞ケ浦」復活なるか 茨城県 1960年代水準に水質改善へ

Messenger

 4月に新設された次長級の霞ケ浦浄化対策監に就任した松本周一さん(58)は「対策を加速させ、県民が誇りに思える霞ケ浦の自然環境を実現したい」と強調する。

 航行中、水に手を入れると、ぬるく感じた。水温は31・5度。水がきれいだったら泳ぎたかった。取材を通じ、関係者の強い熱意を感じた。時間はかかるかもしれないが、泳げる霞ケ浦は必ず実現するはずだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ