PR

ライフ ライフ

「泳げる霞ケ浦」復活なるか 茨城県 1960年代水準に水質改善へ

湖の水を採取する長浜祐美さん=7月19日、茨城県・霞ケ浦
Messenger

 目指せ「泳げる霞ケ浦」-。全国2番目に大きい湖として知られる霞ケ浦の水質改善に茨城県が乗り出している。多くの湖水浴客でにぎわっていた1960年代後半のレベル復活が長期目標だ。水質確認調査に同行し、湖の現状を取材した。

 猛暑となった7月19日午前9時半。土浦港(同県土浦市)を出港する県霞ケ浦環境科学センターの調査船「つくばね」にセンターの職員3人と共に乗り込んだ。

 出港直後、船後部から振り返って見ると、水の色は薄黄色で濁りも見えたが、想像とは違って臭いはほとんどしない。センター湖沼環境研究室長の松本俊一さん(50)が「十数年前はアオコが発生して水面は緑色でしたが、最近は改善されています」と教えてくれた。

 出港から約5分後、最初の調査地点「掛馬沖」に着くと、技師の長浜祐美さん(36)、中川圭太さん(29)が手早く作業を始めた。

 まず水深と透明度を計測し、それぞれ385センチ、55センチを記録。続いて水面下50センチと湖底から50センチ地点の水をポンプでくみ上げた。さらに網で水中の生物を採取。瓶の中に入れてみると、エビの仲間で体長1センチ程度の「イサザアミ」が見られた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ