PR

ライフ ライフ

【明治150年】第4部 万博(2)消えた東京万博 世界に 大久保利通の執念

幻の東京万博
Messenger

 東京を流れる隅田(すみだ)川の最下流に架かる勝鬨(かちどき)橋(中央区)は、中央部が開閉する可動橋として昭和15年6月に完成した。今や開くことはないが、この橋は都心と湾岸部の「東京万博」の会場を結ぶ玄関口だった。

 正確を期せば「玄関口になるはず」だった。開戦の足音が聞こえていた15年3~8月、埋め立て地だった晴海(はるみ)や豊洲(とよす)一帯、横浜市で、日本初となる万国博覧会(万博)の開催が決まっていた。国内外の28のパビリオンが林立し、想定入場者数は4500万人。宝くじ付きの入場券も発売された。

 この年は神武天皇の即位から数えて皇紀2600年の節目でもあった。東京では9~10月に夏季五輪の開催も決定済みだったが、12年に始まった日中戦争のあおりなどで13年7月、五輪は中止、万博は延期になった。勝鬨橋だけが「東京万博」の遺産となった。

                  □

 中央区教育委員会総括文化財調査指導員の増山一成さんは「明治以来、列強に比肩する国として海外にアピールするため、日本は万博をやってみたいと思っていた」と話す。「東京万博」の萌芽(ほうが)は明治初期にさかのぼる。

 明治10年8月、東京・上野で開催された第1回内国勧業博覧会。推進したのは大久保利通(としみち)だった。大久保は4年から、岩倉具視(ともみ)を団長とする岩倉使節団の副使として欧米を視察。英国で機械化された工場を見て、国力の差に圧倒された。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ