PR

ライフ ライフ

【明治150年】第4部 万博(1)1867年、パリの衝撃…開国間もない日本を「発見」

Messenger

 パリは衝撃を受けた。開国したばかりの東洋の国、日本がパリの万国博覧会(万博)に出品した品々はあまりに洗練されていた。

 葛飾北斎らの浮世絵、磁器、精緻な工芸品…。1867年に日本が初参加したときのことだ。「鎖国していた日本の情報は乏しく、中国と区別すらついていなかった。パリ万博は欧州が日本を『発見』する場になった。和装で茶をいれる日本女性が人気で、来場者は艶やかな着物に見とれた」。歴史家でオルセー美術館元学芸員のジュヌビエーブ・ラカンブルさんは、欧州での驚きを説明する。

 53年にペリー率いる黒船が来航し、日本が200年以上続いた鎖国から開国へと舵(かじ)を切った直後。衝撃のデビューだった。

 同じパリで今年6月、日本は2025年の万博の大阪誘致を目指し、ノーベル賞受賞者の山中伸弥・京都大iPS細胞研究所長がプレゼンテーションを行っていた。「偉大な実験室とする」。21世紀の万博が実験の場なら、当時、日本は万博で何を目指したのか。

                   

 1867年4~11月のパリ万博に参加した「日本」は、厳密には幕府と薩摩・佐賀両藩の集合体だった。

 4月3日、フランス・マルセイユ港。羽織袴(はかま)に刀を携えた武士の一行が約2カ月の船旅を終えて到着した。将軍・徳川慶喜(よしのぶ)の異母弟、徳川昭武(あきたけ)(当時13歳)と幕臣の使節だ。

 幕府は薩英戦争(63年)や下関砲撃(64年)で欧米の力を認識していた上、開国姿勢に転じていた慶喜はフランスとの関係を深めていた。松戸市戸定歴史館(千葉県)の齊藤洋一館長は「万博で日本の統治者としての幕府の正統性を示す必要があった」と話す。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ