PR

ライフ ライフ

品川新駅の工事現場を公開 五輪前に暫定開業

 報道公開された山手線と京浜東北線の品川-田町間に建設している新駅の工事現場=29日午前、東京都港区
Messenger

 JR東日本は29日、東京都港区で山手線と京浜東北線の品川-田町間に建設している新駅の工事現場を報道公開した。新駅は山手線で30番目の駅で、車両基地跡の再開発で設置が決まった。東京五輪・パラリンピックの開催直前の平成32年春に暫定開業し、本格開業は36年の見通しだ。

 羽田空港に近い立地条件や、39年開業予定の品川-名古屋間のリニア中央新幹線との連動で、東京都心に新たな人の流れを生み出すとみられている。

 駅舎は折り紙の形から発想した大屋根が特徴。新国立競技場も担当した建築家隈研吾氏がデザインを担当した。JR東日本は29年2月に起工式を開催し、工事を進めてきた。

 新駅は、2・2キロある品川-田町間の品川駅から北に900メートルの場所。駅名は、JR東日本で初めての公募で決める。6月に募集を終えており、今年冬に発表する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ