PR

ライフ ライフ

エアコンなく…35度以上は臨時休校に 埼玉・加須

厳しい暑さとなった埼玉県内を歩く高校生たち
Messenger

 埼玉県加須市は28日、最高気温が35度以上かつ最低気温が28度以上となることが見込まれる場合、9月から市内の公立小中学校と幼稚園を臨時休校にすると発表した。記録的猛暑を受け、普通教室にエアコンが1台も設置されていないための当面の措置。

 市教育委員会によると、対象は市内にある30の小中学校と13の幼稚園。熊谷地方気象台が発表する埼玉県北部の天気予報をもとに、3日前までに判断する。市教委は来年7月までに全教室にエアコンを設置する方針。

 市教委の担当者は「今年の猛暑は命に危険を及ぼすレベルの災害と認識し、児童の安全確保を第一に考えた」と説明している。加須市に近い同県熊谷市では7月、国内観測史上最高となる41・1度を記録した。 文部科学省は同様の取り組みが他にもあるかについて「各教委から報告を受けていないので分からない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ