PR

ライフ ライフ

【障害者雇用水増し】外務省が人事課に障害者採用班を新設

河野太郎外相(共同)
Messenger

 河野太郎外相は28日の記者会見で、中央省庁が雇用する障害者数を水増ししていた問題を受け、外務省人事課に障害者採用班を新設すると発表した。再点検の結果、平成29年6月1日時点の外務省の障害者雇用者数は、算定基準に該当する職員(6334人)の0・39%に当たる25人で、法定雇用率(2・5%)を大きく下回っていた。

 河野氏は「法定雇用率を達成していなかったことについておわびを申し上げる。今後、外務省としてもきちんと達成できるよう努力していきたい」と述べた。採用班では厚生労働省や公共職業安定所(ハローワーク)などと相談しながら、資料整理やデータ入力など障害者の受け入れ体制を整備する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ