PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】歌手・俳優 ピーター(1)「ピーター」を脱ぎます 死ぬときは本名で

歌手・俳優のピーターさん(佐藤徳昭撮影)
Messenger

 〈今年5月、デビュー以来名乗ってきた「ピーター」という芸名からの卒業と1年間の休養を宣言し、世間を驚かせた〉

 今年、芸能生活50周年を迎えたんですが、本当に忙しいまま、ここまで来ました。もう休みたいな、というか、このまま朽ち果ててしまうんじゃないかという危機感があったんです。

 テレビやラジオでレギュラー番組を何本も抱えている中、「この年齢でしかできないことを悔いなきよう、残りの人生を歩みたい」と休養宣言をしたので、反響は大きかったです。発表後、ベテランの歌手の方などから「みんな休みたいけれど、怖くて休めないんだ」といった声を聞きました。

 でも私、これで仕事がダメになってもかまわないという気持ちなんです。今、66歳ですが、「人生で一番楽しかったのは67歳のときだった」なんてことになったらすてきじゃないですか? 楽しいのは若いときだけ、なんて悲し過ぎる。人生の最期の瞬間、「面白かったな」と目をつぶりたいんです。

 〈昭和44年公開の映画「薔薇(ばら)の葬列」(松本俊夫監督)にゲイの青年、エディ役で主演し、デビュー。その際、ピーターの芸名を名乗った〉

 その頃働いていたゴーゴーバーで、「あの子は男の子なの? 女の子なの? ピーターパンみたいね」とよく呼ばれていたので、そのまま芸名になったのです。そのときはまさか、その後ずっと芸能界で生きるなんて、思ってもみませんでした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ