PR

ライフ ライフ

【知ってる?!】夏の入浴(3)温浴効果高め、冷え緩和

Messenger

 例年にない高温が続いたこの夏。熱中症を避けるため、冷房が苦手でもエアコンが効いた屋内にいた、という人は多いだろう。

 「エアコンが強く効いた部屋に長くいて、温度差によって自律神経に不調を来して体温調節がしにくくなったり、血行が悪くなったりしたと感じる人もいるだろう。そういう場合は“ちゃんとお湯に入る”ことを心がけてほしい」とアドバイスするのはお風呂博士の異名を持つ、入浴剤大手バスクリンの石川泰弘さんだ。

 血行を促進する入浴効果を高めるのが無機塩類系や炭酸ガス系、生薬系の入浴剤だ。冷房などから来る「冷え」の緩和にもつながる。

 「やはり、38度前後のぬるめの湯に長く浸(つ)かってほしい。長風呂を嫌う人もいるが、一定の入浴時間を確保するのも体調をよくするため。一日のトータルバランスを考えればプラスになると考えてほしい」と石川さんは指摘する。

 「夏場の入浴は汗をかくからイヤだ、という人もいるが、肌にさっぱり感を与える重曹(炭酸水素ナトリウム)や清涼感を与えるメントールが配合されたクール系の入浴剤を入れるといい」。また、石川さんは「風呂釜や浴槽によくないとの誤解から入浴剤を使わない人がいるが、多くの商品は問題ない。説明書きを確認してほしい」と話している。(取材協力 バスクリン)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ