産経ニュース

【びっくりサイエンス】国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2

飛行試験を行う無人航空機「オオワシ1号」=2010年、北海道白老町(室蘭工業大提供) 飛行試験を行う無人航空機「オオワシ1号」=2010年、北海道白老町(室蘭工業大提供)

 初飛行を行う場所は未定だが、北海道大樹町にある多目的航空公園が有力視されている。公園内にある長さ1000メートルの滑走路から離陸し、超音速での自律飛行をしながら太平洋上を飛行。上昇や旋回などの飛行性能も実証する。

 開発を進める室蘭工大の航空宇宙機システム研究センターでセンター長を務める内海政春教授(航空宇宙推進)は、「開発は順調だ。オオワシ2号で実証した技術は、将来の超音速旅客機や宇宙往還機などの開発にもつながる」と話す。大規模災害が発生したときには現場上空に短時間で到着し、情報収集に当たることも可能だ。

 要となるエンジンは、超音速飛行に適した「ガスジェネレーターサイクル・エアターボ・ラムジェットエンジン」を採用。これは飛行中に取り込んだ空気を圧縮して燃やすジェットエンジンと、あらかじめ搭載した燃料や酸化剤を燃やすロケットエンジンを組み合わせたイメージだ。

 超音速で飛行する場合、飛行状態によって空気の取り込み具合にばらつきが生じやすくなる。ジェットエンジンだけだと、タービンを通じて後方に空気を噴き出すための燃焼が不安定となりかねない。

 そこでオオワシ2号は、ロケットエンジンに用いられている「ガスジェネレーター」というガスの発生器を追加。バイオエタノールと液体酸素を燃焼させて生じたガスと、取り込んだ空気を組み合わせてタービンの回転を安定化させる。超音速飛行時のタービンは、1分間で5万8000回転にも達する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2
  • 国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2
  • 国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2
  • 国産超音速ドローン、2020年にも初飛行 コンコルド並みマッハ2

「ライフ」のランキング