産経ニュース

【正論】古代の回顧を精神再興の礎に 文芸批評家・都留文科大学教授・新保祐司

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【正論】
古代の回顧を精神再興の礎に 文芸批評家・都留文科大学教授・新保祐司

文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司氏 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司氏

 ≪「神武東征」をしのぶ明石海峡

 7月中旬、「正論」洲本講演会で講演をするために初めて淡路島に行った。この講演が決まってからとても楽しみにしていた。淡路島は『古事記』に「淡道之穂之狭別島(あはぢのほのさわけのしま)」として書かれ、「大八島国」で最初に生まれた島であるから、一度はその地に立ってみたいと思っていたからである。

 また近来、交声曲「海道東征」の意義についていろいろなところで語っている私としては、神武天皇の東征と縁のある明石海峡を車で渡ることに特別の思いがあった。『古事記』には「故(かれ)、其の国より上り幸でましし時、亀の甲(せ)に乗りて、釣為(つり(し)つつ打ち羽挙(はふ)り来る人に、速吸門(はやすひのと)に遇(あ)ひき。爾(ここ)に喚(よ)び帰(よ)せて、『汝(な)は誰ぞ』と問ひたまへば、『僕(あ)は国つ神なり』と答へ曰(まを)しき。又、『汝は海道(うみつぢ)を知れりや』と問ひたまへば、『能(よ)く知れり』と答へ曰しき。又、『従ひて仕(つか)へ奉(まつ)らむや』と問ひたまへば、『仕へ奉らむ』と答へ曰しき。故、爾に槁機(さを)を指し渡し、其の御船に引き入れて、即ち名を賜ひて、槁根津日子(さをねつひこ)と号(なづ)けたまひき。此は倭国造等の祖。」とある。

 この場面は、交声曲「海道東征」の中では「第五章 速吸と菟狭(うさ)」で登場する。「童声或は女声合唱(童ぶり)」と指示されていて、普通は少年少女合唱団が歌う。北原白秋は「亀の甲に揺られて、潮の瀬に揺られて、かぶりかうぶり海の子」という詩にしている。わらべ歌風であり、古代のおおらかさがしのばれる。

続きを読む

「ライフ」のランキング