PR

ライフ ライフ

正しく使おう入れ歯安定剤 適量守りきれいに除去を

市販されている主なチューブ入りの入れ歯安定剤
Messenger

 義歯(入れ歯)がぐらついたり、浮いたりすると頼りたくなるのが入れ歯安定剤だ。だが、不適切に使うとかえって健康を損なう恐れがあると専門家は指摘する。合わない入れ歯はまず歯科で調整してもらうのが原則。業界団体も、使い方を守り、使い終えたらその都度、口中と入れ歯からきれいに取り除くよう呼び掛けている。

 ◆清掃に苦労

 入れ歯安定剤は毎年約120億円を売り上げる人気商品。シートタイプ、粉末タイプもあるが、隙間を埋めるクッションタイプ、粘着性のクリームタイプというチューブ入り製品がシェアの大半を占める。ただ、これらは歯科医療、介護の現場で「清掃に苦労する」と評判が良くない。

 高齢者が多く通う愛知県大府市の国立長寿医療研究センター。歯科衛生士によると、口中や入れ歯に取り残しの安定剤がこびりついているケースがある。ブラシで取れないと指にガーゼを巻き付けてこすり取る。無理をすれば粘膜を傷つけかねず、患者自身が「もういい」と諦める例もある。

 同センターの角保徳(すみ・やすのり)歯科口腔(こうくう)先進医療開発センター長は「入れ歯は本来、そのまま使うものです」と話す。入れ歯は残った歯や歯茎、顎の骨の状態などに厳密に合わせる。不適切に安定剤を使えば、均等に力が加わらずに顎の骨が痩せ、入れ歯を支えられなくなる懸念もある。日本補綴(ほてつ)歯科学会ガイドラインでも、安定剤は歯科医の管理下で、短期間の使用が好ましいとされている。

 ◆切実なニーズ

 角さんは「唾液が減って口が乾く“ドライマウス”だと、より深刻な問題がある」と指摘する。クリームタイプの安定剤は水分を吸収して接着するため、唾液が少ないと効果が下がる心配がある。ドライマウスでは取り残しに細菌が繁殖しやすく、誤嚥(ごえん)性肺炎などの原因にもなり得る。入れ歯を補修しても痛みや違和感が改善しにくい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ