PR

ライフ ライフ

【新欧州分析】熱波襲来の欧州で泣き笑い 原発一時停止・英で数百の遺跡発見・ワイン向けブドウ豊作も

英チャシャー州で、熱波のためにひび割れた農地=7月26日(ロイター)
Messenger

 欧州を襲った歴史的な熱波で、北欧やフランスの原子力発電所が出力低下や一時停止に追い込まれた。ドイツでは川の水位が下がり、投棄兵器が発見される騒ぎも。一方、英国では、畑の下に埋もれていた先史時代の住居跡などの遺跡が次々と出現。独仏ではワイン向けのブドウは豊作で例年より3週間早く収穫を始めた。(ロンドン 岡部伸)

ブロッキング高気圧

 世界気象機関(WMO)によると、欧州で続いた高温は大規模な高気圧が停滞する「ブロッキング高気圧」と呼ばれる現象が原因。地球温暖化に伴う気候変動の影響とみられる。

 2003年夏の熱波では、欧州全域で合計で5万2千人以上が死亡しているが、英メディアによると、今回の熱波による死者は欧州で少なくとも3万人以上となるという。

 英国では超党派議員で構成する環境監査委員会が、猛暑による死者数が50年までに3倍超の年間7000人に膨らむ恐れがあるとの報告書をまとめ、政府に緊急対策を求めた。

 またギリシャの首都アテネ近郊で大規模火災が発生。死者80人、負傷者180人以上の大惨事となったほか、スウェーデンでも山火事が多発。2万5千ヘクタールの森林が焼失した。飼料になる穀物の生育に被害が出て、畜産農家が餌不足を懸念して牛を処分する事態にも発展。農業団体幹部は「この50年で最悪の危機」と指摘した。

原発ピンチ

 ロイター通信などによると、今夏の気温が例年の平均を6~10度上回った北欧では、水力発電所の貯水量が激減して、電力価格が記録的に上昇。電気料金も上昇した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ