産経ニュース

【ゆうゆうLife】家族がいてもいなくても(558) 夜逃げが脳裏に浮かぶ夜

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
家族がいてもいなくても(558) 夜逃げが脳裏に浮かぶ夜

 目下パニック状態にある。

 この夏は、いろんなことの「いよいよその日が来たゾ!」というクライマックスが、まったく同じ週に重なってしまった。

 なかでも大変なのが、那須で無謀に始めた人形劇の夏休み公演。

 参加者が東京と那須に分かれているので、全員がそろうのが公演当日という事態。練習もままならない中でチラシを作ったり、まいたり、公演場所の元小学校で舞台を立ち上げたり、幕を張ったり…。

 信じ難い酷暑の中、会場の元小学校の階段を上ったり、下りたりの日々が続いた。

 さすがに気付いた。

 もう、この年齢でやるようなことじゃなかったわね、と。

 なにしろ、人形劇の公演には荷物運びがつきもの。こんなに荷物運びをして腰を痛めたりしないかしら、と自分で自分のやっていることにハラハラしてしまった。

 さらに、取材チームを6人で作って、3年続けたインタビューの仕事が、やっと出版にこぎつけたのだけれど、その最終作業が遅れて、人形劇公演に重なってしまったのだ。

 ついでに、私の住む「サ高住」で介護関係の人たちの合宿企画もあり、近くの貸別荘を探索したり…。すでに暇になっているはずだったので、気楽に考えていたけれど、そういうことを率先してやるのは、実は私には初体験。

続きを読む

「ライフ」のランキング