PR

ライフ ライフ

「細く長く生きても仕方がない。戦争責任のことをいわれる」 昭和天皇85歳、ご心情 故小林忍侍従の日記に記述

1987年4月7日の「小林忍侍従日記」。行事軽減を巡り「細く長く生きても仕方がない」と、昭和天皇が吐露した心情が記されている(画像の一部を加工しています)
Messenger

 昭和天皇が85歳だった昭和62年4月に「仕事を楽にして細く長く生きても仕方がない。辛(つら)いことをみたりきいたりすることが多くなるばかり。兄弟など近親者の不幸にあい、戦争責任のことをいわれる」と漏らしていたことが22日、元侍従の小林忍氏が残した日記の記述で分かった。

 先の大戦を経験した昭和天皇が晩年まで戦争責任について気にかけていた心情が改めて浮き彫りになり、重要史料といえる。62年4月7日の欄に「昨夕のこと」と記され、昭和天皇がこの前日に住まいの皇居・吹上(ふきあげ)御所で、当直だった小林氏に直接語った場面とみられる。当時、宮内庁は昭和天皇の負担軽減策を検討していた。

 小林氏は昭和天皇の侍従になった49年4月から平成12年6月まで日記をつづった。共同通信が遺族から日記を預かり、昭和史に詳しい作家の半藤一利(かずとし)氏とノンフィクション作家の保阪正康氏とともに分析した。(日記の引用部分の表記は基本的に原文のまま)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ