PR

ライフ ライフ

【北海道が危ない】学生16人が現地を視察 「われわれも問題意識を」

宮本編集委員の説明を聞く学生ら=21日、北海道赤井川村
Messenger

 全国から集まった学生16人が20、21日の両日、外国資本による土地買収が進む北海道の山林や原野を視察した。土地買収の実態をリポートしている本紙連載「異聞 北の大地」(産経ニュースでは「北海道が危ない」で掲載)の筆者、宮本雅史編集委員が案内役として同行し、学生は「国土侵食」の危機を目の当たりにした。

 北海道、東京都、神奈川県、大分県在住の大学生・専門学校生ら有志の男女16人は北海道平取町、登別市、洞爺湖町、赤井川村など約10カ所を回り、主に中国系資本が買い占めている土地を訪ね歩いた。学生は宮本氏の説明を真剣に聞いていた。

 視察に参加した別府大国際経営学部3年の根之木誉主(たかゆき)さん(20)は「買収の実態を知って驚いたと同時に、率直に怖いと感じた。われわれも問題意識を持って、同世代に事実を伝えていきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ