PR

ライフ ライフ

「夏休み明け自殺」防げ 保護者にできることは…子供の気持ち受け止めて

Messenger

不登校は命の問題

 内閣府によると、平成25年までの42年間に自殺した18歳以下の子供1万8048人を分析したところ、自殺日は9月1日が131人と突出して多いことが判明。4月11日が99人、4月8日が95人、9月2日が94人、8月31日が92人など、長期休暇明け前後に増えることが分かっている。

 また、自殺総合対策推進センターによると、18~27年の10年間では小中高校生の自殺のピークは8月下旬だった。同センターの担当者は「夏休みの短縮化が関係しているのでは」と指摘。夏休み中からの対策強化が重要だとしている。

 子供の自殺問題は深刻で厚生労働省によると、29年の自殺者は全体で2万1321人と8年連続で減少していたが、小学校から高校までの自殺者は、前年より37人多い357人だった。

偏見払拭が必要

 保護者にできることは何だろうか。不登校の当事者らの支援活動を行う、NPO法人「フリースペースたまりば」の西野博之理事長(58)は「不登校は命の問題。学校に行かないと将来がなくなってしまうと思うほど、子供にとってはつらいこと」と訴える。子供が「学校に行きたくない」と口にしたら、寄り添う姿勢を見せることが大切だ。「理由をうまく話せない子供も多い。まずは気持ちを受け止めて」と西野さん。

 体に不調が出ることもある。腹痛や頭痛を訴えるなど、普段と違う様子がないか、注意して見守る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ