産経ニュース

ニキビ、ちゃんと知って 正しい対処で「治せる」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ニキビ、ちゃんと知って 正しい対処で「治せる」

 顔や胸、背中などの毛穴が詰まり、炎症を起こす「ニキビ」。思春期以降に90%以上の人が経験するとされる皮膚疾患だ。近年では初期の「コメド」と呼ばれる段階から使える処方薬も開発されており、専門医は「治そうと思ったら治せるということを知ってほしい」と訴えている。(加納裕子)

悪化しやすい夏

 夏はたくさん汗をかき、皮脂の分泌も増えてニキビを悪化させやすい時期。でも洗顔を繰り返し、肌を乾燥させれば悪化することもあり、ケアが難しい。

 「アン皮膚科クリニック」(大阪市淀川区)院長の廣本敦子医師(46)によると、ニキビは、毛穴の入り口が何らかの原因で詰まり、本来毛穴から出ていくはずの皮脂がたまった「コメド(白ニキビ)」から始まる。その後、アクネ菌や黄色ブドウ球菌などが繁殖し、赤く膨らんで悪化。重症化すると顔にニキビ痕が残ることもある。

 「かつては痛みや赤み、腫れのあるニキビが治療対象で、抗生物質で菌を抑える治療が一般的でしたが、今ではコメドの状態で使える薬があります」と廣本医師。この薬にはケミカルピーリングのように皮膚の表面を溶かして再生を促す作用がある。赤みやヒリヒリ感などの副作用もあるが、医師の指導で使い続ければ、3カ月程度で効果が表れる。廣本医師は「治療をすれば早く良くなるし、痕もましになる。早く治したいと思ったら、医師に相談してほしい」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • ニキビ、ちゃんと知って 正しい対処で「治せる」

「ライフ」のランキング