PR

ライフ ライフ

【世界裏舞台】記述式入試で個性見極めよ 東京医大不正入試疑惑を考える 作家・佐藤優

佐藤優氏(大里直也撮影)
Messenger

 東京医科大学(東京都新宿区)の内部調査委員会は、医学部医学科をめぐる不正入試疑惑に関連した報告書を公表した。

 〈今年と昨年実施した一般入試1次試験で加点により不正入試が行われたのは20人近くに上り、不正は前理事長の臼井正彦被告(77)=贈賄罪で在宅起訴=が指示したと認定。大学に寄付金を納入してもらうほか、個人的に謝礼を受け取ることもあったと明記した。2次試験でも女子受験者だけでなく、3浪以上の男子に対して合格を抑制するための得点操作が行われていたと指摘した。

 報告書によると、今年の入試の1次試験で、(文部科学省の)前科学技術・学術政策局長、佐野太被告(59)=受託収賄罪で起訴=の息子を含む6人に最大49点を加点。2次試験の小論文では受験者全員に「0・8」を掛ける得点操作をしていたと認定した。男子の場合、減点後に現役と1~2浪の受験生に一律20点、3浪生には10点をそれぞれ加点。女子と4浪以上の男子には点を加えず、結果として女子と3浪以上の男子の得点が抑えられていた〉(7日の産経ニュース)。

 東京医大の不正については、大学側に便宜を図る見返りに、佐野前局長の息子を合格させるという贈収賄事件があったから露見したのであるが、このような不正が行われたのは、得点に複雑な操作を加える独自の入試方式があったからだ。東京医大は、なぜ入試の成績以外の要素を加味して選考を行ったのか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ