産経ニュース

【話の肖像画】小説家・真山仁(1)清濁(せいだく)併(あわ)せのむ「ハゲタカ」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
小説家・真山仁(1)清濁(せいだく)併(あわ)せのむ「ハゲタカ」

小説家の真山仁さん=東京都文京区(大竹直樹撮影) 小説家の真山仁さん=東京都文京区(大竹直樹撮影)

 〈バブル崩壊後の「失われた10年」を経て、そのまま「20年」になろうとしていた平成16年、経済小説『ハゲタカ』で小説家デビュー。死に体の企業に群がる外資系ファンドの日本買いを描き、NHKの連続ドラマや映画になった。そして平成最後の夏、テレビ朝日系ドラマとして再び映像化された〉

 15歳のときから小説家になるために生きてきました。小説家になるため新聞記者も辞めました。もともと経済小説を書くつもりはなかったのですが、フリーライター時代、難しい金融工学の解説書をゴーストライターとしてまとめたことがあります。

 経済学の公式や微分積分を使わずに分かりやすく書いたので好評でした。実は、大手生命保険会社の破綻をテーマにした作品を「香住究(かずみ・きわむ)」というペンネームの共著で書いています。『連鎖破綻 ダブルギアリング』です。「もう小説家になれないかもしれない」と思ったことは一度もありませんが、当時私は40歳。ライターとして限界だとも思っていました。出版社の担当者に「共著は一回きり。もしこの本が売れたら、次は単独で出させてもらえますか」と尋ね、「構わない」との約束を取り付けました。

続きを読む

「ライフ」のランキング