産経ニュース

芥川賞作家・朝吹真理子さん 7年の沈黙を破って世に問う「永遠」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


芥川賞作家・朝吹真理子さん 7年の沈黙を破って世に問う「永遠」

「話し言葉だけではうまく説明できない、小説という運動の中だけで可能になるものがある」と話す朝吹真理子(三尾郁恵撮影) 「話し言葉だけではうまく説明できない、小説という運動の中だけで可能になるものがある」と話す朝吹真理子(三尾郁恵撮影)

 26歳での芥川賞受賞から7年。作家の朝吹真理子(あさぶき・まりこ)さん(33)が初めての長編小説「TIMELESS」(新潮社)を出した。恋愛感情は抱かずドライな形で命をつないでいく男女の姿を、幾層にも重なる時間の中に描く。自然と人類、歴史と現在といった境界も溶ける壮大な物語空間が広がる。

「タイトルは浮かんでいたけれど…」

 「本当に長い時間がかかってようやくできた小説。待ってくださっている人たちには申し訳ない、という気持ちでした」と振り返る。

 慶応大大学院在学中の平成21年に発表したデビュー作「流跡(りゅうせき)」でドゥマゴ文学賞。23年には、幼なじみの女性2人の過去と現在をつづる「きことわ」で芥川賞を射止めた。

 父は詩人の朝吹亮二さんで、大叔母は仏作家、サガンなどの翻訳で知られた朝吹登水子(とみこ)さん。“文学一家”に育った才媛の鮮烈なデビューは話題となったが、その後「TIMELESS」の連載を始める27年末まで筆が進まなかった。

 「『きことわ』を書き上げてすぐ、タイトルも、カップルの話というイメージも浮かんでいた。でも書いても書いても小説が進まなかったんです」と明かす。

 そんなとき、劇作家の飴屋法水(あめや・のりみず)さんに「舞台のテキストを書いてみない?」と誘われた。「小説すら書けていないのに」とためらったが、飴屋さんに「朝吹さんが書けなくても初日が来て千秋楽が来るから大丈夫」と言われ、気持ちが軽くなった。舞台の仕事を経験し小説を書きたいという思いもまた頭をもたげてきたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 芥川賞作家・朝吹真理子さん 7年の沈黙を破って世に問う「永遠」
  • 芥川賞作家・朝吹真理子さん 7年の沈黙を破って世に問う「永遠」
  • 芥川賞作家・朝吹真理子さん 7年の沈黙を破って世に問う「永遠」

「ライフ」のランキング