PR

ライフ ライフ

短歌甲子園、茨城・下館第一高が優勝 啄木故郷・盛岡で開催

短歌甲子園の団体戦で2年連続3回目の優勝を果たし、記念撮影する茨城県立下館第一高のメンバーら=19日、盛岡市
Messenger

 歌人石川啄木の故郷、盛岡市で19日、全国21校の高校生が短歌の腕前を競う「短歌甲子園」の決勝戦があり、団体戦で茨城県立下館第一高が2年連続、3回目の優勝を果たした。個人戦は宮城県宮城第一高2年の鈴木そよかさん(17)が最優秀作品賞に輝いた。

 団体戦は、リーグ戦を勝ち抜いたチームがトーナメント方式で対戦。審査員が歌の優劣を判定した。

 決勝戦の題は「光」。「地下へゆくエレベーターの 電光に包まれるとき 孤独に気づく」と詠んだ下館第一高2年の林里美さん(16)は「電気の無機質な光に当たった時に感じた孤独感を表した。自分たちらしい短歌が詠めて良かった」とうれし涙を見せた。

 個人戦は、18日の予選を通過した12作品を審査。鈴木さんの作品は「この街のすべてが 灰になったこと 忘れたような朝顔の花」。祖母から聞いた昭和20年の空襲に思いをはせながら、平和を願う気持ちを表現した。

 短歌甲子園は平成18年に始まり、今年で13回目。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ