PR

ライフ ライフ

野生復帰のライチョウ、繁殖を初確認 「ひな一時保護」有効か

野生復帰後に繁殖した雄のニホンライチョウ=6月、山梨県の南アルプス・北岳周辺(中村浩志・信州大名誉教授提供)
Messenger

 絶滅危惧種のニホンライチョウを巡る環境省の保護事業で、野生復帰させた個体による繁殖が初めて確認されたことが19日分かった。危険が多い生後約1カ月間、生息地で夜間はケージに入れるなどして外敵から守る「一時保護」を採用し、1羽が山梨県の南アルプス・北岳近くでつがいをつくり、繁殖に成功した。

 ライチョウは1980年代に国内に約3千羽いたが、現在は約1700羽に減少。巣から卵を取って施設で孵化(ふか)させる試みもあるが、野生復帰に至っていなかった。

 環境省信越自然環境事務所は6月、北岳近くの尾根を調査し、ひなを連れた親鳥を見つけた。足輪から、雄の親鳥は昨年、孵化後間もなく一時保護し、野生復帰させた個体と判明した。雌は保護していない個体だった。

 初の繁殖確認を含む生息や保護策の現状は、10月19~22日に行政や自然保護関係者が新潟県妙高市で開く「ライチョウ会議」で報告する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ