PR

ライフ ライフ

【気になる!】文庫 『怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎』

『怪談牡丹燈籠(ぼたんどうろう)・怪談乳房榎』
Messenger

 「怪談牡丹燈籠」は、近代落語の祖・円朝の代表作で、明治17年に刊行。高座で演じたままを速記したものなので実に読みやすい。

 カランコロンと駒下駄の音を響かせ、幽霊が恋人の前に姿を現す。「お露新三郎」「お札はがし」として現在も演じられる若い2人の悲恋の場面はよく知られているが、全体は長大な物語。敵討ちと忠義、母子の再会などがからみあい、因果応報の世界が繰り広げられる。

 欲にくらんで魔よけの札をはがした中年夫婦の行く末は、卑小な人間に宿る悪を映してじわりと怖い。三遊亭円朝著、角川ソフィア文庫・960円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ