産経ニュース

【モンテーニュとの対話 「随想録」を読みながら】〈32〉『神やぶれたまはず』再読

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【モンテーニュとの対話 「随想録」を読みながら】
〈32〉『神やぶれたまはず』再読

73回目の終戦の日。日没後も多くの参拝者が訪れた靖国神社=8月15日午後、東京・九段北(酒巻俊介撮影) 73回目の終戦の日。日没後も多くの参拝者が訪れた靖国神社=8月15日午後、東京・九段北(酒巻俊介撮影)

「特別の瞬間」を忘れた日本人

 玉音放送から73回目の日がめぐってきた。8月15日になると近年決まって思い起こされるのが、哲学者、長谷川三千子さんの《昭和二十年八月のある一瞬--ほんの一瞬--日本国民全員の命と天皇陛下の命とは、あひ並んでホロコーストのたきぎの上に横たはつてゐたのである》という鮮烈な言葉である。

 昭和20年8月15日をめぐっては、これまでさまざまなことが書かれ語られてきた。この日とその前後にメディアで語り伝えられることは、同じことの繰り返しが多く-もちろん繰り返すことで後世に伝えてゆくことの意義は大いに認めるが-報道にしろ言論にしろ、そのどれもが単なる年中行事に堕しているように感じられ、正直に申せば、少々うんざりしていた。

 ところが5年前の夏、特筆すべき書物が出現した。長谷川さんの『神やぶれたまはず 昭和二十年八月十五日正午』(中央公論新社)である。同書において、これまで誰ひとり指摘することのなかった、わが国の歴史に起こったある「特別の瞬間」を長谷川さんは描き出した。

 一国の歴史において、ある「特別の瞬間」というものが存在する。その瞬間の意味を知ることは、国の歴史全体を理解することであり、その瞬間を忘却することは、国の歴史全体を喪失することであると、長谷川さんは述べ、その瞬間をよみがえらせ、意味を問い、その答えを得ようとする。戦後日本人の根無し草的な生は、その瞬間を忘却しているからに他ならないからだ。

続きを読む

「ライフ」のランキング