PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】学習院の空気一変! 新院長、乃木希典の超厳格教育

画=豊嶋哲志
Messenger

質実剛健(1)

 学習院-。

 主に華族の子弟が学ぶ教育機関として明治10年に創立された、宮内省直轄の官立学校だ。華族中心ながら当時は武術、馬術など武課教育を重視しており、学習院の名称は明治天皇が定めた(※1)。

 この学習院の第10代院長に、明治天皇の意向で軍事参議官の乃木希典(まれすけ)が就任したのは明治40年1月、裕仁親王が入学する1年前である。

 明治天皇は詠んだ。

 いさをある 人を をしえの親にして

 おほしたてなむ やまとなでしこ(※2)

 乃木の院長就任により、学習院の空気は一変した。同校はその頃、柔弱華美の弊に流れていると批判されていたが、「(乃木院長が)明治四十年代の学習院に大きな影響を与え」たと、同校発行の「学習院百年史」に書かれている。

 乃木が学習院に持ち込んだのは、質実剛健、質素勤勉の気風だ。中・高等学科を全寮制にして自ら住み込み、生徒と寝食をともにし、「贅沢(ぜいたく)ほど人を馬鹿にするものはない」「寒い時は暑いと思ひ、暑い時は寒いと思へ」と訓示した。規律は厳格で、華族だろうと年少だろうと容赦はしない。

 院長就任後の40年4月4日の寒日、乃木は早速、皇孫仮御殿を訪れた。

 《学習院長乃木希典参殿につき、(裕仁親王は)雍仁(やすひと)親王と共にそれぞれ謁を賜う。乃木より、今日の様に寒い時や雪などが降って手のこごえる時などでも、運動をすればあたたかくなりますが、殿下はいかがでございますかと尋ねられ、ええ運動しますとお答えになる》(昭和天皇実録2巻17頁)

 裕仁親王は、火鉢にでも当たっていたのだろう。乃木は断然、外遊びを促した。学習院に入学する1年前からこの調子である。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ