PR

ライフ ライフ

【大学最前線・この人に聞く】空前の大改革「日本版NCAA」と大学スポーツの行方 池田純スポーツ庁参与

池田純氏
Messenger

 大学スポーツの一大改革をめざし、スポーツ庁の肝いりで今年度中の創設にむけた準備が進む競技横断的統括組織「日本版NCAA」(仮称)。往時に比べて各競技に対する国民的関心が薄れ、日大アメフット部問題で揺れる大学スポーツ界再興の切り札になるのか。横浜DeNAベイスターズの経営を再建に導いた後、スポーツビジネスの分野でマルチに活躍するキーマン、池田純・スポーツ庁参与(42)を直撃した。(関厚夫)

 “メイド・イン・ジャパン”は米国の“本家”を超える?

 〈「NCAA」は20世紀初頭に設立された「全米大学体育協会」の略称。「学業」「安全」「公正」を3大理念とし、罰則をともなう学業優先規定や厳格なアマチュア規定でしられる。米国の大学の半分にあたる約1100校が加盟。約1000億円の年間収入は加盟大学や地域リーグに配分され、施設整備や奨学金などにあてられている。一方、日本の大学スポーツ界は明治以来、各大学や中央競技団体、学生競技連盟(学連)が独自の歩みを刻んできた歴史がある〉

 --「本家・NCAA」は競技の人気がアメフットやバスケットボールに集中し、収入の大部分をテレビの放映権料に頼っているなどの指摘がありますが

 「誤解のないように申し上げますが、日本版NCAAについては先日、設立準備委員会が立ち上がったばかりで、私は15ある作業部会の1つである『大会レギュレーションの整備』の主査にすぎません。全体的・具体的な議論はこれから活発化してゆくところです。

 私見では日本版NCAAという仮称で注目すべきは『NCAA』よりも『日本版』の方で、日本の大学スポーツの歴史や現状に鑑みた組織となるはずです。また、大学スポーツ先進国・米国のNCAAには課題もあるでしょうが、見習うべきところもたくさんあると考えています」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ