PR

ライフ ライフ

【有人月面着陸】悲願の有人輸送、日本の技術力示す好機 「月面に日本人」期待

 しかし、JAXAの着陸機は初号機だけで1千億円以上の開発費がかかるとみられる。アポロで実績のある米国が開発で先行すれば、不要論が浮上する恐れもある。

 着陸機に搭載するエンジンは燃料に液化天然ガス(LNG)を使う方式で、平成21年に開発を中止した中型ロケットに採用するはずだったものだ。燃料の扱いが簡単でタンクを小さくできる利点があるとされるが、宇宙で使った実績はない。技術の信頼性を国際社会に示せるかが鍵となりそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ