産経ニュース

世界文化賞 受賞者の言葉から 第13回(平成13年)

ライフ ライフ

記事詳細

更新


世界文化賞 受賞者の言葉から 第13回(平成13年)

音楽部門受賞のオーネット・コールマン氏=ニューヨーク、ハーレムのスタジオで(酒巻俊介撮影) 音楽部門受賞のオーネット・コールマン氏=ニューヨーク、ハーレムのスタジオで(酒巻俊介撮影)

 「ハーモロディクスは、どんな人も平等にする哲学でもあるのです」

 ○音楽部門 オーネット・コールマン

 (1930~2015年、フリー・ジャズを先導した米ジャズ界の巨匠) ニューヨークのスタジオで、音楽の3要素であるリズム、メロディー、ハーモニーを対等の関係におく自身の音楽理論を説明した。

 「子供の魂を失ってはいけない。楽しんで遊んでいる子供の真面目さこそ、建築には必要なんだ」

 ○建築部門 ジャン・ヌーヴェル

 (1945年~、電通本社ビルなどを手がけたフランスの建築家) パリの事務所で、ハイテクと伝統を融合させた独創的な作風について問われて。

 「家族というのは、社会という怪物と闘わなければならない」

 ○演劇・映像部門 アーサー・ミラー

 (1915~2005年、戦後米国を代表する劇作家) 米コネティカット州の自宅で、代表作の戯曲「セールスマンの死」について語った。

 「絵画は自分との深い対話を行うとき最もマッチする媒体です」

 ○絵画部門 李禹煥(リ・ウファン)

 (1936年~、戦後日本の代表的美術運動「もの派」を理論的に主導した韓国の美術家) パリのアトリエで、筆を執りながら。

 「何より大切なのは、作品がその風景や場所に溶け込むこと」

 ○彫刻部門 マルタ・パン

 (1923~2008年、「浮かぶ彫刻」などで環境芸術の先駆者として知られるフランスの女性彫刻家) パリ郊外の公園で、池の中の自作彫刻を前に。

このニュースの写真

  • 世界文化賞 受賞者の言葉から 第13回(平成13年)
  • 世界文化賞 受賞者の言葉から 第13回(平成13年)
  • 世界文化賞 受賞者の言葉から 第13回(平成13年)
  • 世界文化賞 受賞者の言葉から 第13回(平成13年)

「ライフ」のランキング