産経ニュース

【最後の「8・15」】「ひいおじいちゃんのため」 追悼式に臨んだ6歳女児

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【最後の「8・15」】
「ひいおじいちゃんのため」 追悼式に臨んだ6歳女児

全国戦没者追悼式で献花を手渡す小学生参列者の高野仁杏さん=15日午後、東京都千代田区の日本武道館(斎藤良雄撮影) 全国戦没者追悼式で献花を手渡す小学生参列者の高野仁杏さん=15日午後、東京都千代田区の日本武道館(斎藤良雄撮影)

 「(戦争は)大きな大きな国と国とのけんかで、やってはいけないです。戦争をやらない約束をしにきました。ひいおじいちゃんのために頑張ります」。栃木県足利(あしかが)市の小学1年、高野仁杏(にこ)ちゃん(6)は、15日の戦没者追悼式に臨む気持ちをこうはっきりと述べた。

 曽祖父の木村博さんは南太平洋のパプアニューギニアで昭和19年10月に30歳で戦死。仁杏ちゃんは親から戦争のことを聞かされたといい、「戦争をして日本は負けて、ひいおじいちゃんは帰ってこないし骨も戻らず、悲しいことだと思います」と話した。

 母親の幸代(さちよ)さん(44)によると、仁杏ちゃんは祖母も含めた3人で今年初めて式に参加。幸代さんの夫は栃木で遺族会の会長をしているが、会の高齢化に悩んでおり、「孫の会」の設立を目指している。幸代さんは「戦争のことを娘に伝えていきたいし、娘に勉強してもらいたい」と願っている。

「ライフ」のランキング