PR

ライフ ライフ

【終戦の日】体験者なき時代にどう戦争伝えるか 文献のみ頼るのは危険 裏表ある高級軍人証言

第二次大戦・太平洋戦線年表
Messenger

 平成最後の終戦の日となる8月15日。戦後73年を迎え、戦争体験者から直接話を聞くことが困難になる今後、いかにして残された記録を読み解いていけばいいのか。旧陸海軍の高級軍人らから詳しく話を聞いた経験を持つ大和ミュージアム(広島県呉市)館長の戸高一成氏と、現代史家の大木毅氏が論じ合った。(構成 磨井慎吾)

 □大和ミュージアム館長・戸高一成氏 文献のみ頼るのは危険

 □現代史家・大木毅氏 裏表ある高級軍人証言

 戸高 まず、先月の西日本豪雨に関し全国の皆さまに一言お礼を申し上げたい。呉市への出入りも困難な状況下で、本館には毎日数百人の来館者があり、各地から激励もいただき本当にありがたく、深く感謝しています。

 平成最後の8月15日を迎え、これからは私のように戦争を知らない人間が、もっと知らない人に伝えていくという非常に難しい時代に入る。ただ、だからこそ客観的で冷静に歴史を見ることができる時代になったとも言える。

 大木 私は現在もっぱらドイツ軍事史専門だと思われていますが、大学院でドイツ現代史の研究をする前に、中央公論社から出ていた『歴史と人物』という雑誌で編集者のまねごとをしていました。今から30年以上前ですからまだ将官(注(1))もいたし、佐官級はみなご健在で、実際にお会いして詳しくお話を伺う機会を得たわけです。当時、戸高さんは史料調査会(注(2))のお仕事をされて、『歴史と人物』にも深く関わっていらした。

■ □ ■

 戸高 私がいた頃の史料調査会で直属上司だった土肥一夫さんは海軍の中心部で参謀をずっと続けた方。周囲に中佐、大佐クラスの人が常に来ており、“門前の小僧”で勉強させていただきました。

 そんな中で一番印象に残っているのは、皆さん貴重な体験を本に書いたりするのですが、話が文章として整理された段階で脱落する部分があることでした。ほとばしり出るような個人的感情やなかなか言えない本音など、実際の会話では出るが、文字には残らないものがある。体験者が亡くなった後、残された文献だけをそのまま信じることの危険さを強く感じました。そうした実際に会って聞いた話も、何とか残さないと。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ