PR

ライフ ライフ

宝くじ売上8千億円割れ ジャンボ不振で20年ぶり

昨年の大みそかに行われた「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会左は東京都の小池百合子知事=東京都新宿区の東京オペラシティ
Messenger

 宝くじの平成29年度の売上額が前年度比6・9%減の7866億円にとどまり、20年ぶりに8千億円を割り込んだことが14日、総務省の集計で分かった。全体の4割を占めるジャンボくじの不振が影響した。売上額から当せん金や販売経費などを差し引いた収益金は10・5%減の2996億円だった。

 宝くじの売上額は17年度の1兆1047億円をピークに減少傾向で、同省は「主な購入層だった中高年が年金受給者になり、自由に使えるお金が減ったためではないか」と分析している。

 5種類あるジャンボくじの売上額は13・1%減の3256億円。主力商品で、1等と前後賞を合わせた賞金額が10億円の「年末ジャンボ」は中高年の購入単価が下落し、12・6%減の1489億円に落ち込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ