PR

ライフ ライフ

“寝かしつけ”の大きな味方! 「絵本プロジェクター」に注目 ストレス軽減&「育児楽しむ手助けに」

タカラトミーの「天井いっぱい!おやすみホームシアター」(希望小売価格7538円)。ディスク状のフィルム(手前)を内蔵のLEDライトで照らし投影する
Messenger

 暗くした寝室の天井に映像を投影し、朗読やBGMで子供を眠りへと誘う「絵本プロジェクター」が注目されている。寝かしつけに苦戦している子育て世帯の育児ストレスを軽減し、余裕を持って子供との時間を楽しむ手助けとなるようだ。(玉崎栄次)

スムーズに入眠

 「絵本を3、4冊読んでも寝ないことも…。親子でくたくたになってしまう」

 横浜市の女性会社員(31)は長女(2)の寝かしつけに苦戦する日々を送っていた。午後9時にベッドに向かうが、寝付くのは10時過ぎだ。そこで、SNS(会員制交流サイト)などで口コミが増えていたセガトイズの絵本プロジェクター「ドリームスイッチ」を使ってみた。

 部屋の明かりを消し、専用のプロジェクターをセット。長女のお気に入りのアニメ「ちいさなプリンセス ソフィア」が天井に映し出される。登場人物が穏やかな声の朗読に合わせ、ゆっくりと動く。最後は、ミッキーマウスが眠るように促してくれる。これを見ながら、子供はスムーズに寝るようになった。

 ドリームスイッチには「シンデレラ」や「トイ・ストーリー」など、講談社のディズニー絵本から30話が用意されている。1話10分ほどだ。女性は「子供が寝るのを楽しみにするようになった」と話している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ