産経ニュース

【話の肖像画】史家・渡辺京二(1) 国史に輝く「バテレンの世紀」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
史家・渡辺京二(1) 国史に輝く「バテレンの世紀」

渡辺京二さん(関厚夫撮影) 渡辺京二さん(関厚夫撮影)

 〈近世・近現代史や思想史に緻密かつ大胆な論理と視点で切り込み続ける在野の「知の巨人」。と同時に、情と義を備えた志士の面影が漂う。そんな渡辺さんに「『バテレンの世紀』(近世)から『苦海浄土』(現代)まで」をテーマに語ってもらった〉

 以下は別に僕の創見ではなく、当時の史料に残り、日欧の学界の常識に属することですが、日本にとって西洋との「最初の出遭い(ファースト・コンタクト)」である16~17世紀、スペインやポルトガルをはじめとする欧州諸国は19世紀以後の西欧列強とは全く異なっていました。当時、スペインは欧州一の強国でしたが、産業革命を経た英国が二百数十年後にアジアに対したときのような、また日本にとって鎖国という中断を経て「第二の出遭い(セカンド・コンタクト)」となった「黒船来航」のときのような圧倒的な国力の差はなく、むしろアジアの方が経済的にも文化的にも先進国でした。

 日本に対する欧州の見方もしかりです。特に武力に関しては、イエズス会の宣教師の内部では日本征服論もあったようですが、実際のところ、当時の海軍力や動員力では軍事衝突に至った場合、勝てるはずがないことを彼らはよく知っていました。

 〈先日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)。そのルーツは前述の「バテレンの世紀」にある〉

続きを読む

「ライフ」のランキング