産経ニュース

終戦間際に熊本5飛行場の写真を米軍撮影 米国立公文書館で発見 被害放置し敵あざむく

ライフ ライフ

記事詳細

更新


終戦間際に熊本5飛行場の写真を米軍撮影 米国立公文書館で発見 被害放置し敵あざむく

海軍人吉飛行場の空撮写真。左下から右上に伸びる滑走路には、まだら模様の対空迷彩が施されていた 海軍人吉飛行場の空撮写真。左下から右上に伸びる滑走路には、まだら模様の対空迷彩が施されていた

 さきの大戦末期の昭和20年7月、熊本県内にあった旧陸軍玉名飛行場など5カ所の飛行場を、米軍機から空撮した写真52枚が、米国立公文書館で確認された。画像をみると、数カ月前の空爆の被害を放置した状態だが、地元研究者は「日本軍が進めていた基地の地下化を、秘匿しようという意図がある」と分析した。

(南九州支局 谷田智恒)

 市民団体「空襲・戦災を記録する会全国連絡会議」事務局長の工藤洋三氏(74)=山口県周南市=が発見した。

 工藤氏は徳山工業高等専門学校(高専)の元教授で、空襲・戦災に関する研究を続ける。毎年3~4月には、米ワシントンにある国立公文書館を訪れ、米軍資料を精査してきた。

 今春、同公文書館で発見した52枚は、20年7月27日撮影の151枚の中にあった。鹿児島県の知覧飛行場などと一緒に収録されていた。

 当時沖縄に駐屯していた米極東航空軍写真偵察中隊が、撮影したという。

 52枚のうち、熊本の飛行場の内訳は、陸軍の玉名10枚、菊池9枚、黒石(くろいし)原(ばる)16枚、隈庄(くまのしょう)8枚と、海軍の人吉9枚だった。

 工藤氏は写真データを、熊本県内の戦争遺跡の保存活動に取り組む「くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク」代表の高谷和生氏(63)=熊本県玉名市=に提供した。高谷氏が県内に残る記録や資料などを基に、写真を分析した。

 玉名飛行場は格納庫や兵舎などが破損していた。20年5月の爆撃による被害を、放置した状態だった。飛行場として機能不全に陥っているように見える。ただ、高谷氏によると、航空機などを守る掩体壕(えんたいごう)は、東側で設置作業が行われていたという。

 特攻機の中継基地でもあった菊池飛行場は、3月以降4回に及ぶ空襲で格納庫屋根は大きくめくれ上がり、鉄筋も露出していた。周囲に盛り土をした掩体壕に、破壊された機体が放置されていた。

 海軍人吉飛行場は、滑走路にまだら模様の対空迷彩を施していた。同飛行場の滑走路は、熊本県内で唯一、コンクリート舗装されていた。高谷氏によると、この段階で基地機能は、完全に地下に移されていたという。

 写真撮影当時、米軍など連合国軍は、20年11月を前提に九州上陸作戦「オリンピック作戦」を計画していたとされる。日本側もこれを察知し、準備を進めていた。

 高谷氏は「当時の日本軍は本土決戦に備え、飛行場の地下基地化に取り組んでいた。写真からは、空爆で破壊された基地を放棄したように見せて、米軍を欺こうとした意図が読み取れる。画像も鮮明で資料性も高い」と語った。

 くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワークは11日、熊本市立図書館(中央区)で開催中の「絵本・戦時資料から見た熊本空襲」の会場で、今回発見された写真の一部の公開を始めた。26日まで。入場無料。

このニュースの写真

  • 終戦間際に熊本5飛行場の写真を米軍撮影 米国立公文書館で発見 被害放置し敵あざむく

「ライフ」のランキング