産経ニュース

【書評】EXILE/三代目J Soul Brothers・小林直己が読む 『ペインレス 上・下』天童荒太著 「痛み」が真実へ導く

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
EXILE/三代目J Soul Brothers・小林直己が読む 『ペインレス 上・下』天童荒太著 「痛み」が真実へ導く

『ペインレス(上)』天童荒太著(新潮社・1500円+税) 『ペインレス(上)』天童荒太著(新潮社・1500円+税)

 そこで、僕はかつて周囲との関わりを極力排除した時期のことを思い出した。不思議なもので、孤独を得た当時の僕の思考は自身の内面の奥深くに降りていった。か細い心の声を耳にし、僕はしばらく静謐(せいひつ)の中でその声に耳を傾けることを決めたのだった。

 ところがほどなく、それまで閉じられていた感情が、まるで火山の爆発のように噴き出してきた。突然の激情に僕は大きな戸惑いを覚えつつも気がついていた。これが本当の自分なんだ-。心の声は、僕が抱える痛みの正体を繰り返し告げていたのだが、僕はずっとそれに気づかないふりをしていたのだ。

 誰でも心や身体の痛覚が刺激される事態など望まない。でも、いまや僕は確信している。「痛み」こそが、僕を真実に導いてくれるのだと。(新潮社・各1500円+税)

「ライフ」のランキング