産経ニュース

【虫撮り人】1 「カブトムシの樹」 甘酸っぱい香りに誘われ…樹液酒場に集う

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【虫撮り人】
1 「カブトムシの樹」 甘酸っぱい香りに誘われ…樹液酒場に集う

樹液をめぐり、あちこちでバトルが勃発。新しい“客”も続々飛来する=国立市内(佐伯元行さん撮影) 樹液をめぐり、あちこちでバトルが勃発。新しい“客”も続々飛来する=国立市内(佐伯元行さん撮影)

 「とんでもない木を見つけましたよ」という東京都国立市の保育園長で昆虫写真家、佐伯元行さん(59)に案内してもらい、その木を初めて見たのは7月27日、台風上陸の前日で猛暑が少し緩んだ日のことだった。

 国立市の市街地のはずれ、交通量の多い幹線道路から5分も歩かない私有地の庭に、かなり古そうなクヌギの木があった。

 幹周り約2メートル、樹高約18メートル。近づいてみると、いるわ、いるわ。

 2人で2度数えたが、全部で80匹ほどのカブトムシがところ狭しと群がっている。数えている最中も耳元に羽音が響き、大きなオスが飛来する。甘酸っぱい樹液の香りが漂い、争いに負けて投げ落とされたやつらは根元でうごめいている。

 昆虫を追って日本中を旅してきた佐伯さんも「1本でこんな数が集まる木は見たことがない」という。

 台風が去り猛暑が戻った8月1日、再び見に行くと、“樹液酒場”は相変わらずの盛況だった。根元に死骸が増えたようだが、動いているのだけ数えると全部で82匹。不思議と数は変わらない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 1 「カブトムシの樹」 甘酸っぱい香りに誘われ…樹液酒場に集う

「ライフ」のランキング