産経ニュース

筑波山で「山の日」恒例の「がまレース」開催

ライフ ライフ

記事詳細

更新


筑波山で「山の日」恒例の「がまレース」開催

がまレースの「おたまじゃくしの部」男子でゴールに向かってダッシュする子供たち=11日午前、茨城県つくば市筑波(篠崎理撮影) がまレースの「おたまじゃくしの部」男子でゴールに向かってダッシュする子供たち=11日午前、茨城県つくば市筑波(篠崎理撮影)

 「山の日」の11日、「第70回筑波山ガマまつり」が茨城県つくば市の筑波山で開かれ、まつりのメーン、参加者がカエルのかぶり物をかぶって走る「筑波山がまレース2018」に約800人が参加し、優勝を目指してコースを駆け抜けた。

 同レースは、筑波山名物の「ガマの油売り口上」にちなんで行われた。沿道に応援と歓声が響く中、各部門のランナーたちは筑波山神社の門前通りを全力で走っていた。

 未就学児の「おたまじゃくしの部」男子で優勝した同市のさくら学園保育園の片岡拓海君(6)は「楽しく走れた。来年も優勝したい」と話していた。

このニュースの写真

  • 筑波山で「山の日」恒例の「がまレース」開催

「ライフ」のランキング