PR

ライフ ライフ

クマの「大量出没」にご用心 4年周期、4~6月の目撃最多 長野

Messenger

 7月から今月にかけても、各地で目撃情報が相次いでおり、6日には栄村で、わなにかかったツキノワグマに男性が引っかかれ、けがを負う事故も発生している。

 同室は、ツキノワグマとの遭遇による人身被害を防ぐため、観光リフト乗り場やキャンプ場などでの観光客を対象に、啓発活動を実施しているほか、学校での児童・生徒に対する注意喚起にも取り組んでいる。ツキノワグマが移動する際、姿を隠す河川周辺の樹林帯を除去する作業なども進めている。

 同室は、被害の回避策として、以下の対策を講じるよう、呼びかけている。

 (1)山へ行くときや森林の近くを通るときは、鈴などを鳴らす。

 (2)早朝や日が落ちてから森林に近づかない。

 (3)集落でも柿や栗の木の実などに近づく恐れがあるので注意する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ