産経ニュース

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】『ねないこ だれだ』想像の世界に飛んでいく

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】
『ねないこ だれだ』想像の世界に飛んでいく

『ねないこ だれだ』 『ねないこ だれだ』

 一方、娘は「おばけ? いやいや」と怖がるのですが、それでも、この本を繰り返し見たがりました。おばけが登場するたびに、「きゃ~こわい、こわい」と家族に体をすり寄せ抱き着きました。安心できる人と一緒なら、怖さも、それを乗り越える跳躍や面白さに変わるのです。

 そのうち、娘の反応とそのかかわりがおかしくて、親子で「きゃ~きゃ~」と、まるで、肝試しのような興奮状態で大騒ぎです。娘は寝てなんかいられません。私は、この絵本は“昼間”に子供と思いっきり“夜の世界”を楽しむ絵本ではないかと思うようになりました。

 『ねないこ だれだ』を「しつけ本」にしてしまうのはもったいないことを、子供たちが教えてくれるのです。(国立音楽大教授 林浩子)

「ライフ」のランキング