産経ニュース

【話の肖像画】富士そば会長・丹道夫(5) 威張ると運は逃げていく

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
富士そば会長・丹道夫(5) 威張ると運は逃げていく

富士そば会長・丹道夫氏 (宮川浩和撮影) 富士そば会長・丹道夫氏 (宮川浩和撮影)

 〈「トーストそば」「まるごとトマトそば」「パキスタン風激辛カレーそば」「揚げたこやきそば」…。富士そばは、かなり変わったユニークなメニューが、店ごとにあることでも知られる〉

 従業員が考え、提案したものを商品化しています。お客さんの一番近くにいる人間が考えるのがいいとの思いでこうしています。料理のプロに依頼してメニューづくりをしていたら、ユニークなものは生まれないでしょう。

 私も以前、「サラダうどん」を考案し、売り出したことがあります。野菜を食べてほしいという気持ちから商品化したもので、うどんの上にゆでたキャベツやブロッコリーなどを乗せて、ごま油をちょっとかけてみましたが、あまり売れませんでした。こうして採用されるメニューも、多くは期待ほど売れずに姿を消していきます。

 従業員のアイデアに対しては、「だめだ」とは言いません。だめと言ったらアイデアが出なくなってしまいます。みんな楽しんでメニューを開発しているんじゃないかな。自分が考案した商品を売ることができるのですから。

 失敗した人を叱ることはありません。どんなに頑張っても失敗するときは失敗するものです。挑戦して失敗することで人は成長するものです。逆に挑戦しない人や、失敗から何も学ばない人は叱ります。他人の失敗をあざけり笑う人も叱責します。

続きを読む

「ライフ」のランキング