産経ニュース

【本郷和人の日本史ナナメ読み】明治の女子教育(下)女性好き・伊藤博文と津田梅子の仲は・・・

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【本郷和人の日本史ナナメ読み】
明治の女子教育(下)女性好き・伊藤博文と津田梅子の仲は・・・

津田梅子(国立国会図書館蔵) 津田梅子(国立国会図書館蔵)

 女子の官費留学生第1号で、アメリカに長期滞在したのは山川健次郎の妹の山川捨松、益田孝(三井財閥を発展させた実業家であり大茶人)の妹の永井繁子、それに津田塾大学を創立することになる津田梅子の3人でした。今回はとくに津田梅子について述べていきましょう。

 梅子(うめ、とも)は、津田仙(せん)(旧幕臣・東京府士族)・初子夫妻の次女として、現在の東京都新宿区南町に生まれました。父・仙は農学者でキリスト者。青山学院大学の創立に関わり、同志社大学の創始者・新島襄(じょう)、自由と平等を説いた中村正直と並んで“キリスト教界の三傑”と称されたほどの人物です。また、日本で最初に通信販売を行った人でもあります。明治9(1876)年にアメリカ産トウモロコシの種を売ったんですって。母の初子は献身的に夫を支えた人。彼女の姉は田安徳川家に仕えて田安慶頼(よしより)の側室となり、徳川家達(いえさと)(徳川本家の第16代当主)を産んでいます。つまり、梅子と家達はいとこなんですね。

 明治4年、仙は政府の事業である北海道開拓使に勤務。そこで開拓使次官の黒田清隆(のち第2代の首相)が推進していたアメリカへの女子の留学計画を知り、娘を応募させます。このとき梅子はわずか満6歳。捨松や繁子とともに、岩倉使節団に随行。横浜を出港し、サンフランシスコを経て、ワシントンへ到着しました。船中の彼女たちの部屋には伊藤博文がやってきて、よく一緒に遊んだそうです。

 梅子は日本弁務使館書記で画家のチャールズ・ランマンという人の家に預けられました。学校に通ってラテン語、フランス語などの語学や英文学、自然科学や心理学、芸術などを幅広い教養を身につけました。休暇にはランマン夫妻とともに各地を旅行しています。明治15年、18歳で私立の女学校を卒業し、日本に帰国しました。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング