PR

ライフ ライフ

秋篠宮ご夫妻「納采の儀、現状では困難」

(左から)小室圭さん、秋篠宮家の長女眞子さま
Messenger

 秋篠宮ご夫妻が、長女の眞子さまとの婚約が内定している小室圭さん(26)と母親に対し、正式な婚約となる「納采(のうさい)の儀」を行うことが現状では困難であるとの考えを伝えられていたことが8日、関係者への取材で分かった。結婚の前提として、小室さん側にあるとされる金銭面のトラブルを解決することが必要と判断されたとみられる。

 眞子さまと小室さんは昨年9月、ご婚約が内定。その後、昨年末から週刊誌が小室さんの母親と元婚約者との間に金銭トラブルがあると報じた。秋篠宮ご夫妻は小室さんと母親から複数回説明を受けられたが、小室家側はトラブルを一貫して否定。小室家側には事実関係の公表も求められたが、果たされていない。

 眞子さまと小室さんのご結婚の意思は変わっていないが、ご夫妻は、こうした状況で納采の儀を実施するのは難しいとの意向を示されたとみられる。

 宮内庁は今年2月、「準備不足」などを理由に、3月予定の納采の儀や11月予定の結婚式など一連の儀式を平成32年まで延期すると発表。週刊誌報道と延期との関連については否定していた。

 また、秋篠宮ご夫妻は金銭トラブルの解決とは別に、パラリーガル(弁護士の補佐職)として勤務する小室さんに安定的な将来設計を提示するよう求められている。

 小室さんは米国のロースクールで3年間留学するため渡米し、8日に現地入りした。将来的には日米間の企業法務に携わりたい考えだという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ