産経ニュース

出征前日「吉光の脇差見せられた」…細川家との400年の縁 千玄室さんゲストに「モーニングトーク」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


出征前日「吉光の脇差見せられた」…細川家との400年の縁 千玄室さんゲストに「モーニングトーク」

放送1200回を迎えた「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本)で、ゲストの千玄室さん(左)から話を聞く細川珠生さん=6月23日、東京都千代田区の裏千家今日庵東京道場 放送1200回を迎えた「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本)で、ゲストの千玄室さん(左)から話を聞く細川珠生さん=6月23日、東京都千代田区の裏千家今日庵東京道場

 政治ジャーナリストの細川珠生さんが、著名人をゲストに日本のあるべき姿を考えるラジオ番組「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本)が11日、放送1200回を迎える。これを記念した11日と18日の放送は裏千家前家元の千玄室さんがゲスト。2人の対談は、千家と細川家の400年以上のつながりから、終戦の日にちなんで戦争体験、戦後日本のあるべき姿に及んだ。番組収録を取材した記者が、対談の一部を紹介する。

 「あなたのご先祖は細川幽斎、三斎、ガラシャ夫人。500年近く前は千利休の七哲だったのですよ」

 記念すべき1200回目のゲストとなった千さんは、収録現場に現れると穏やかに細川さんに話しかけた。政治評論家の故細川隆一郎の娘として知られる細川珠生さんは、千利休の7人の高弟「七哲」として知られる戦国大名、細川忠興(三斎)の子孫でもある。千家と細川家には、400年以上に渡る縁がある。

 「利休さんにとってかけがえのない友人であり弟子のひとりが細川三斎公でした。利休さまが切腹されるときも七哲の方々がブロックして、それが秀吉の誤解を生んでしまったわけですが。細川家とはその後もずっとご縁があって、お父さま(隆一郎氏)、そのお父さまも存じ上げています」

 ■岸信介は「表」、佐藤栄作は「裏」

 平成7年に細川父娘の対談番組として始まった「モーニングトーク」は、隆一郎氏が21年に他界してからも珠生さんがゲストを迎える形で続いてきた。安倍晋三首相など政治家の出演も数多い。千さんは収録で、政治家と茶道の意外な関係も明かした。

 「お父さまが言論界で活躍しているころ、佐藤栄作元総理とお目にかかったことがあります。佐藤栄作元総理も茶道が大好きだったんです。岸信介元総理もそうです。岸さんは表千家、佐藤さんは裏千家。兄弟で表千家と裏千家をずっとおやりになっていただいて、大変うれしかった。細川隆一郎さまも『昔の武人がお茶をやられたように、政治家もお茶をやらなあかん』とよく話されていました」

続きを読む

「ライフ」のランキング