PR

ライフ ライフ

【老舗あり】神奈川県葉山町 日影茶屋 葉山とともに歩む名店

江戸中期創業の日本料理店「日影茶屋」=神奈川県葉山町堀内
Messenger

 かつては漁村だった神奈川・葉山の地は、温暖で風光明媚(めいび)な景観が人気を集め、明治期以降は別荘地として発展を遂げていく。江戸時代中期に創業の「日影茶屋」は、鎌倉から三浦半島に抜ける街道を行き交う旅人が憩う茶屋として、また現在は日本料理店として、相模湾をのぞむこの地を見守り続けている。歴史の舞台として小説や映画でも取り上げられ、多くの人々に親しまれている。

 事件の舞台にも

 葉山御用邸や「国内ヨット発祥の地」としても知られる神奈川県葉山町で「葉山ブランド」の代表格とされる名店が、日影茶屋だ。今では首都圏を中心として、商業施設に和洋菓子店やカフェなど約20店舗を展開しているが、本店は葉山マリーナ近くにある日本料理店だ。重厚なたたずまいの純和風建築で昭和9年に創建。平成23年に2階建ての旧客室棟と、石蔵が国登録有形文化財(建造物)に指定された。

 11代目当主の角田晋之助さん(34)によると、「昭和47年までは旅館業を営んでいた」という。当時は、富裕層の娯楽だった海水浴を楽しむ人々が宿泊する一方、鎌倉の神社仏閣を訪れる参拝客や僧侶などが骨を休め、芸者をあげることができる華やかな料理旅館としても繁盛したと旅行案内に紹介されている。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ