PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】富士そば会長・丹道夫(1)40年前からアルバイトにもボーナス

富士そば会長・丹道夫氏(宮川浩和撮影)
Messenger

 〈「名代(なだい)富士そば」は、首都圏を中心に約130店を展開する、立ち食いそばのチェーン店。早くから24時間営業をするなど、世間のニーズをつかんだ経営で知られるが、一方でアルバイトにボーナスや退職金を支給するなど、働く人に優しい“ホワイト企業”としても注目されている〉

 金額はそう多くはないのですが、アルバイトへのボーナスや退職金の支給は40年前からやっていることです。有給休暇もあります。今ごろになっていろいろな人にびっくりされるのですが、どこの外食チェーンもそうしているものと思っていました。企業にとって人材は一番大事な財産です。この財産を大切にするのは正しい経営判断なのです。最近は留学生のアルバイトも働いてくれています。留学生にも退職金を出すと、「お金欲しさにすぐ辞めてしまうのでは」という心配もあったのですが、そんなことはありません。働いていて楽しいそうなんですよ。

 〈売り上げの良かった店に対し、報奨金を出している〉

 年間の売り上げが前の年を上回ったら、もちろんアルバイトも含めた全員に渡します。達成率が高くなるほど、金額も増える仕組みです。全社で年間1千万円以上のさまざまな報奨金を出しています。

 報奨金の制度を始めたら、思わぬ効果がありました。それは、従業員が売り上げなどの数字に興味を持つようになったことです。報奨金が欲しいので、店内をよりきれいにするとか。

 また、社員をねぎらうために全員に旅行もプレゼントしています。これは残念ながらアルバイトは対象ではありません。さすがにアルバイトまで旅行に参加したら、仕事が回らなくなってしまいますから。予算は約20万円で、3日くらいで帰ってこられる所ならどこに行ってもいいというルールです。以前、「ハワイに行きたい」という声がありました。ハワイは遠いので、3日では楽しめないのでは、と思いましたが、何も言いませんでした。そうしたら、本当に行ってリフレッシュしてきたとか。以前にも増して働いてくれるようになりました。

 〈細かいマニュアルがなくても各店の仕事は回っている〉

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ